2011年11月27日

高額療養費制度

入院や手術で
治療費が高額になった場合。

自分で負担しなければならない治療費には
上限が決められています

まず
病院の窓口で、実際にかかった治療費の3割を払う。
(「窓口3割負担」制度)

この際、
たとえ3割とはいえ、
治療費が高額になってしまうことがあります。

そこで適用されるのが、高額療養費制度。

決められた自己負担分を超えた場合、
超過分の治療費は公的保険から還付 されます。

治療費の上限額は
所得 によって決められます。

一般的な家庭の上限額は、
だいたい 月額 90,000円程度

* 正確な自分の負担上限額を確認したい方はコチラから 
   → 『高額療養費制度 Yahoo!保険』

ただし、注意点が2つ。

1.超過分の還付には時間がかかる

 還付を受けるには所定の手続きが必要なため、
 払い戻しまで 数ヶ月 かかる。

 つまり
 当面は 自費で立て替えなければならない

* 困った場合には、以下のような制度もある。
  高額療養費融資制度: 高額療養費の還付見込み額を
                  無利子 で借りられる。

  高額療養費の委任払い制度: 国民健康保険だけ の制度。
                      最終的な自己負担額のみ支払えばよい。
       * 自治体により行っていないところもある。

2.治療費以外は含まれない

 入院時に必要なものでも、
 治療費以外は対象外 。 

 入院時の食事代(1日780円)、着替え、本・雑誌代、
 家族の交通費など

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


posted by FP 富士びたい at 23:06| “ 公的保険 ”って何 ?      | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする