2013年01月25日

「 入院日額 」を決める

入院日額とは、
入院 1日 当たり医療保険から受け取れる 給付金の額

多くの医療保険のパンフレットには
5,000 円、10,000 円のプランが載っています。

実際の申し込みは
日額 5,000 円〜 15,000 円の範囲で
1,000 円刻みで設定
できます。

入院日額が高いほど
当然、保険料も高くなります。

入院日額の目安としては、
男性が 10,000 円、女性が 5,000 円 です。

公的保険の「高額療養費制度」をふまえると
ひと月当たりの治療費負担は
最大で9万円前後。

これを30日で割り、
治療費以外の雑費を加味すると
1日あたりの自己負担額は 5,000 円程度

よって
女性(専業主婦やパート)の場合、
旦那さんが健在であれば
大幅な収入減はないので、治療費だけをカバー。

男性の場合、
入院が長引くと 仕事に影響 が出てくる事も。。

こうなると
治療費という出費だけではなく、
収入が減ってしまう というリスクが出てきます。

そのため
治療費の自己負担対策として 5,000 円。

収入減の時などに備えての
上積み分として 5,000 円。

合わせて 10,000 円が目安になります。


posted by FP 富士びたい at 23:48| 医療保険  実践!!選び方 @  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする