2014年10月03日

最優先! 「死亡保険」と「がん保険」

医療保険よりも優先順位が高い とお伝えした
死亡保険がん保険について
もう少し細かく確認してみましょう。

「死亡保険」では
ご主人が亡くなった場合を考えてみます。

その場合
当然、ご主人の収入もなくなってしまいます。

その後の 生活費 はどうしましょう?

特に 小さな子供がいる 場合は切実です。

遺族年金 が受け取れるかもしれませんが
決して十分な金額とは言えません

仮に、毎月5万円が足りないとします。

1年が12ヶ月で、60万円不足。
お子さんが成人するまで20年として1,200万円。

家族が背負うには
あまりに重たい荷物ではないでしょうか?

では、
「がん保険」は、どうでしょう。

ひとつのがんの治療が落ち着くまで
どれくらいのお金が必要だと思いますか?

概ね
100万円以上 の出費がかかることが多いそうです。

この金額は
健康保険を含めた、公的な制度を利用した後の
実費負担分の金額 です。

ご存知の通り
がんは 再発・転移を繰り返す 病気。

つまり
何度も何度も100万円以上の出費が
家計に降りかかってきます。

こうした
家庭へのダメージが大きい部分 こそ
優先的に保険でカバーしておく ことが大切だと思います。

posted by FP 富士びたい at 23:45| 医療保険 まずはここを確認!    | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする