2012年01月25日

生命保険の“医療特約”と医療保険の違いは?

生命保険 についている
医療関係の特約

この生命保険の「医療系特約」と「医療保険」は
同じようなものなのでしょうか?

確かに
基本的な保障内容は似ています。

ただ
見過ごせない点も!

それが保険期間

生命保険の「特約」の場合、
“ 生命保険の 保険料の払い込み終了時 で、
 特約の保障も終了”というケースが多いんです。

そして
この生命保険の保険料払い込み終了時は、
60歳65歳 に設定されている生命保険が多い。

つまり
60歳(65歳)以降は、
医療の保険がなくなってしまうということです。

生命保険の保険料の払い込みがいつまでなのかは
保険証券を見れば確認できます。

保険証券の「特約」の「保険期間」をチェック。

○○歳満了とあれば、
その年齢で「特約」の保障は打ち切りです。

生命保険は終身でも、「特約」は別扱い なんです。

ちなみに
「特約」の医療保障をその後も 継続 する方法もあります。

ただし、その場合
その後の保険料を一括払い するのが原則。

○○十万円という請求がくることも‥!

また
そもそも「 特約 」の医療は
医療保険に比べて 保障内容が薄い

割安な保険料にばかり気をとられず
保障内容もちゃんと確認したいところです。

ひらめき 保険証券の内容を一般の方が理解するのは
   なかなか難しいと思います。

   保険会社に問い合わせるのが、一番簡単。

   「“ 特約 ”の医療は、いつまで保障してくれるのですか? 」


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


posted by FP 富士びたい at 23:59| 医療保険 基礎知識        | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする