2012年01月12日

何日目から保障される?

医療保険の基本的な保障の中で
意外と違いが出るのが、この部分。

初期入院保障などと呼ばれます。

今までの主流は 1日目から

最近では、
日帰りからという医療保険も増えてきました。

生命保険のついている「 特約 」としての医療保障は、
3日目から ”“ 5日目からのものも。

当然、
短いほど保険料は高くなる傾向にあります。

一般的には、
“ 1日目から ”よりも“ 日帰り ”の方が
「給付を受ける機会が増えそうなのでお得」と
思われています。

しかし。。。

そもそも「日帰りの入院」って
ちょっとおかしな気もしませんか?

普通の治療であれば、入院とは言わない。

では、例えば
検査入院で数時間病院にとどまる場合は?

貧血などで倒れ、
しばらく病院で安静にするように言われた時は?

何時間いれば、どんな状態ならば
「 日帰りの入院 」と判断されるのでしょう?


ちなみに、
それが医療保険の給付対象かの判断は
お医者さんがするものではありません。

保険会社の担当者が決めます

つまり
保険会社、または医療保険の種類によって
判断基準が違います

割り増しの保険料だけ取っておいて
実は、
ほとんど“ 日帰り入院 ”の対象外なんてことも!

「“ 日帰り ”も保障」という医療保険を選ぶ場合には、
その 基準を確認 しておくことが大切です。

ひらめき  保険の世界では、
    独特な考え方や数え方、判断基準があります。

    保険もひとつの商品。
    善意で助けてくれるものではないことも忘れずに!


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


posted by FP 富士びたい at 23:50| 医療保険  実践!!選び方 A      | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする