2011年11月17日

本当のすごさ! 繊細な対応

これは以前
アフラックの担当者から聞いた話です。

治癒できる病気になってきたとはいえ
ガンは恐ろしい病気です。

命にかかわる病

本人への「 告知 」という問題
常につきまといます。

特に告知をしない場合、
本人に悟られないような気配りが求められます。

一方で
金銭的な負担の軽減から
保険会社への給付申請もしなければなりません。

こうした中で、
郵便物の配送先の変更( 自宅外の指定された場所へ )、
連絡手段の確認 ( 個人の携帯、秘密の番号、時間帯など )といった
個別な細かな配慮 をしているそうです。

ただ
お金を給付するだけではない。

こうした保険の保障という枠を超えたところに
「 ガン保険 」の真の凄さ があると思います。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


posted by FP 富士びたい at 23:07| 「 ガン保険 」のすすめ       | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする