2011年12月19日

“ 代筆 ”は厳禁 !

申込書の記入で一番大切なこと。

それは
指定された人が記入 すること。

申込書をよく見ると、
記入欄に誰が書くかの指定がされいます。

特に気をつけるのは、○ ○ 自著の指定。

「自著」で代表的なのが「 告知書 」です。

「 自著 」とある以上、
たとえ夫婦、親子でも“ 代筆 ”はできません!

この点を安易に考えてる人が多い。

書くべき人が書いてない申込書は
最悪の場合、無効 扱いされてしまいます。

いざという時、
保険金を受け取れないなんてことにも!?

「 バレずに、保険に入ってさえしまえば安心 」とも限りません。

給付を受ける際、
改めて問題視されるかもしれないのです。

字は、きれいでなくても構いません。

読み取れるように
楷書で丁寧に 記入すること。

手に不自由などがあり、自著が困難な場合
自分で判断せず、保険会社に直接相談 してください。

保険販売員の判断ではダメです!

保険会社の指示に従ってください。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

posted by FP 富士びたい at 12:33| 申し込み時の注意点           | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする